借りても借りても我が暮らし楽にならず

貸金の総量規制なる制度をご存じでしょうか? これは簡単に言いますと収入の3分の1までしか消費者金融から借りられないという制度です。

この制度ができる前、私は恥ずかしながらパチスロにはまり借金を重ねました。気が付いたら総額300万近く借りていました。

パチスロ全盛の時代で「1日10万円儲けた、20万ん損した」などあたりまえの時代でした。当時金利は29%近くありましたので、返済しても元金は一向に減らず。

それは当然のことで、300万円も借金があると年間約90万円の金利がかかります。これは利子だけで毎月8万円ちかくかかりますので、元金が全く減らない状態に陥りました。

最後の方は返済するために他者から借りるという最悪のループ状態に陥りました。どうすればいいのかわからなくなり、一発逆転を狙い競馬で万馬券に賭けてみたり、知識もないのにFXをやってみたりしました。

結果はもちろんうまくいかず、借金の上乗せは、続きました。結局最後には両親に泣きつき、全額を返済してもらいました。

両親に毎月2万円づつ返済する約束をしましたが、その約束は守りませんでした。何をやっても寛容な両親でしたが、これにはぶち切れ。家を追い出されてしまいました。

2014年現在グレーゾーン金利は撤廃されましたが、今でも利子が年利19パーセントに設定されている消費者金融はたくさんあります。

どうか私のようにならないようお気を付けください。

このページの先頭へ