彼氏とのデートのお金が足りなくて

あのころの私は本当にバカでした。当時の、11歳年上の人と遠距離恋愛をしていました。

重い喘息を患っていた彼氏は長距離移動はイヤだと言いながら、一人で週末を過ごすのもイヤだと言うワガママな人でした。

月収15万程度にもかかわらず、毎週交通費だけで二万円ずつ消えていきました。

もちろんあっという間にお金はなくなり、いざという時のために親が持たせてくれたお金もなくなりました。

そしてついにプロミスで借りてしまいました。かなりあっさり借りれたことに驚いた記憶があります。

利息分だけをなんとか返すような状態で50万円の限度額まで借りるのも、すぐの話でした。どうにもこうにもならなくなり、家賃も滞納するようになって初めて目が覚めました。

それからは彼氏とすぐに別れて、返済を頑張る日々。とはいえ、最初の半年は滞納した家賃をまとめて払わなけばならなかったりで、かなり苦しい生活でした。

あれから二年たってようやく半分ぐらい返済できましたが、まだ月々の利息は五千円ぐらいあります。

しっかり返していければいいのですが、私の月収ではそこまでもできず、ほとんどが利息できえていきます。

分不相応な生活をしたツケはいたいですが、しっかり払おうと思います。

このページの先頭へ